レインフォレスト・アライアンス農業認証

レインフォレスト・アライアンス

農業規模の無秩序な拡大は、熱帯地方の森林存続に関する脅威となりつつある。生態系が豊かな地域においては、農業が水質汚染、森林伐採、土壌侵食といった問題にしばしば責任を負っている。このような問題に対し、RAと独立非営利の環境保護団体であるサスティナブル・アグリカルチャー・ネットワーク(SAN)は、RAの社会環境認証システムを創った。RAは、熱帯雨林の保護に関するガイドラインを作成するべくSANに所属する9つの団体と共に、社会及び環境団体、事業体、政府及び利害団体と行動している。

認証活動は、地域コミュ二ティ、生産農家、消費者、熱帯雨林に住処とする野性動物それぞれに恩恵を与えることができるよう、販売を促進し営農活動を改善する包括的なプロセスである。


商品の認証

RAでは環境及び社会基準に応じてコーヒー、バナナ、ココア、オレンジ、切花、及び植林地に対して証明書を発行している。2004年5月現在、ブラジル、コスタリカ、コロンビア、エクアドル、グアテマラ、ホンジュラス、ニカラグア、パナマ、フィリピン、ハワイ、メキシコ、エルサルバドルの558の農園と農協(233,963ヘクタール、94,722エーカー)に対して証明書を発行している。


証明の行われ方

この認証基準は本物のサスティナブル農業へ農家をいざない、独立した監査人を派遣することで改善への物差しを与えることができる。その基準に合致した農家は農産物の映ある称号であるRA認証シールが付与される。このプログラムは社会的でありかつ環境保護的な基準を併せ持つ。そして地域文化、環境、営農形態、政治体制などを考慮したその地域のグループによって管理されている点に特徴がある。地域に根ざした認証機関はコストが安く、その地域の文化特性に理解があり、農家、輸出業者をサポートする体制に優れている。

その認証システムの手順は、@SANの技術者が農地を訪問、予備審査を行い、認証獲得のための改善指導し、A農業経営のための包括的な監査を行う、B評価レポートにより、認証委員会はその農家が認証に値するかどうかを決定し、C管理人や監視人にエコラベル使用の契約をおこない、認証農産物を取扱い、市場でのポロモーションを行う。

レインフォレスト・アライアンス認証はフェアトレードか

RAは労働者に対する規定を広範囲に定めており、そこには労働者の団結権を保証し、その国で定められた最低賃金法を守るよう規定している。安全で清潔な労働環境、飲用水の供給といった人が生活する上で適当な住居、労働者やその家族に対する医療機関、労働者の子女に対する無料の教育機関等の提供を義務付けている。フェアトレードは不利な立場にある生産者に彼らの農作物の評価を保証することを目的とした別のマーケティングシステムである。フェアトレードは組織化された小農家に対し、その農作物がどのようにトレードされるかを対象としている。