ボリビア・コパカバーナ農園
ティピカ種100%


地域    :ラパス県ユンガス地方カラマ  
農園    :コパカバーナ農園
品種    :ティピカ100%
規格    :SHG 
標高     :1,350m〜1,500m
サイズ   :17up
精製方法 :ウォッシュド
乾燥方法 :100%天日乾燥
クロップ  :2016
積来日   :2017/3月
栽培方法 :日陰栽培、バイオ・ラティーナ認証有機栽培
その他   ;グレインプロ仕様

解説
チチカカ湖畔の町、コパカバーナから北東へ300キロの地点にコパカバーナ農園があり、農園主は、マリア・アスカルンス。彼女の祖先は、スペイン北部から1650年にボリビアに渡ってきたそうです。
チチカカ湖には、太陽の島、月の島があり、この島からインカの神が生まれたと言われ、発祥の地となり、インカ帝国の宗教的な巡礼地となっています。現在はキリスト教の巡礼地となっており、農園の入り口には、聖母マリア像が飾られています。

ブラジルのリオデジャネイロにあるコパカバーナはもともとはボリビアのコパカバーナにある奇蹟の聖母マリア像をリオの地に持ってきて祭ったことから、コパカバーナという名がついたそうです。

セロ・コンドリーリ(コンドリーリの丘)と言うブロックで栽培されています。
ねむの木のシェードツリーで丁寧に栽培せれた香り高いティピカ種です。JAS認証は取得していませんが、バイオ・ラティーナ認証の有機栽培です。

味のバランスが良くチョコ系の香りとクリーンな酸味が感じられます。